山門掲示板法語

年度法語出典
201112私というものは私の思いよりもっと深い意義を持っている安田理深
20121世の中安穏なれ 仏法ひろまれ親鸞聖人
 2悟るといふても迷うている事を悟るのです安田理深
 6依頼は苦痛の源なり清沢満之
 7発車駅の東京も知らず、横浜も覚えがない。丹那トンネルを過ぎたところで薄目をあける。静岡あたりで突然乗っていることに気づく。
そして名古屋の五分間停車のあたりから、窓の外を見てきょろきょろしはじめる。この列車はどこへゆくのかとあわてだす。もしそんな乗客がいたらみな吹き出すに決まっている。その無知な乗客を哀れむに違いない。ところが人生列車は全部の乗客がそれなのだ
吉川英治「人生列車」
 8貧を貧と思わざれば富なり 富を富と思わざれば貧なり清沢満之
 9またひとつしくじった しくじるたびに目があいて 世の中すこし広くなる榎本栄一
 10慢心によって鬼となり 信心によって人となる本多恵
 11仏に出遭うということは 仏に背きつづけている私に出遭うということです藤本正樹
 12過ぎ去ったことを悔やみ 来たらぬ未来に憧れて 今を忘れて生きている私 
20131人間としての愚かさというのは、実は何に対しても答えを持っているということだミラン・グンデラ
 3拝まれる者になるよりは 拝める者となれ畠山明光
 4われひと共に自由と平等を共に生きようという願いこそが人間の根本の願い和田稠
 5聞法と言うことは人に出遭うこと人からひとへの歩みだ宮城顗
 8ここに居て喜べず 随分よそを探したが ここおをはなれて 喜びはどこにもなかった浅田正作
 9自分に自信をもっている 自分の心に迷うのです宮城顗
 10知恩の心による報恩の歩みというのは、その全体がわが力によるものではなく、私を越えた力によってはじめて成り立つのです。宮城顗
 12新たなことに気は移り 今年も暮れて空しく終わる 
20141今年こそと思う心に今はなし本多恵
 2人間の要請に応える宗教と人間そのものを明らかにする宗教との峻別が明瞭にならないと宗教が曖昧になる広瀬杲
 4仏教でいわれる智慧というのは、頭がいいということではない。事実を事実として生きていける力であり、勇気なのです。宮城顗
 5ものをとりに部屋へ入って何をとりにきたか忘れてもどることがある。もどる途中でハタと思い出すことがあるが、そのときはすばらしい身体がさきにこの世へ出てきてしまったのである。その用事は何であったかいつの日か思い当たるときのある人は幸福である。思い出せぬまま僕はすごすごと、あの世までもどる。杉山平一「生」(詩)
 7苦しみがなくなるということは苦しみをいかしていくことができるということ蓬茨祖運
 8人は法を求めるにとどまって 法を生きることを忘れている高光大船
 9世の中が便利になって一番困っているのが実は人間なんです浅田正作
 10地獄を嫌う心が、地獄を造っていたのです安田理深
 11助け合わねば生きていけないお互いが、害し合わねば生きていけない そこに人間業の悲しみがある金子大栄
 12浄土は響き合う人の間に感じられる本多恵
20152やらねばならない強制のなかで してはいけない規制の中で 本当何がしたいのか 他人の顔色を伺いながら 自分の本当の願いを見失って生きる 私の名を 仏は凡夫と言い当てます 
 3準備(先の事)ばかりに追われつつ  大事な本番(今)迎えずに ついに空しく終わりけり  大切なのは「今でしょう」 
 4人生は人との出遇いの連続である 出遇いの深さが人生の深さでもある 
 5悲しみよ おまえのおかげで 私は仏に遇う箕輪 秀邦
 6人は (他者)の前を横切らずには 生きていけない。大事なことは、そのことをわすれないことだ。遠藤周作
 7他を咎めんとする心を咎めよ清沢満之
 8南無阿弥陀仏というのは 人間に生まれてよかった 生きてきてよかった という人生を歩む心になってほしい という心です伊藤元
 9ご縁 ご縁 みなご縁 困ったことも またご縁 南無阿弥陀仏に あうご縁木村無相
 10凡夫が凡夫に 目ざめた人を 仏という  凡夫でありながら 凡夫と知らぬのが 人間である 安田理深
 11愚かが 愚かに気付いて 利口になったつもりの このどうしようもなさ榎本栄一
 12憶念とは、忘れていたものを 思い出すという意味宮城顗
20161おめでとうございますとは ただ新年を迎えたことではなく 互いに念仏を申す身になった事を慶ぶ言葉です 
 2本当に自分の弱さを深く知った人が、 その弱さを悲しむ心において ともに歩もうとする宮城顗
 3年をとって自分の力に限界を知らされれば知らされるほど、逆に自分を生かしている世界がいかに大きいかを知る。宮城顗 語録集5
 4智慧がないことを愚痴と表す。愚痴というのは弱さです。愚痴というのは分からないということではない。事実を事実として引き受けられない弱さです。宮城顗
 5無量とは量的発想で一喜一憂し振り回されることから解放された世界です真城義麿
 6自分の愛情の至らないことを悲しむ心が、いちばん相手に近づく心宮城顗
 7信心とはわが身に賜った如来の心です宮城顗
 8仏とはどういう人かというと、すべての存在に仏の心を見いだす人なのです宮城顗
 9夢は実現したら消える。願は実現してはじめて力になるのでない。願が力を生み出してくるのです。宮城顗
 10他人の人間性を無視すれば必ず自らの人間性も失っている和田稠
 11人生における問題と人生そのものの問題とは違う金子大栄
 12悟りという事はいかなる場合にも平気で死ぬる事かと思っていたのは間違ひで、悟りという事はいかなる場合でも平気で生きることであった正岡子規
20171正月は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし一休宗純
 2寒さに身を震えた者こそ太陽の暖かさを知らされる 苦悩を生きた者こそ願われているわが身の事実に頭が下がる 
 3自らの在り方を深く悲歎するという心だけが人間としての心を回復していくのです。宮城顗
 4念仏申すということは念ぜられている自分のいのちに出遇うということ宮城顗
 5わしも、すてたものでないと頑張っているのが凡夫安田理深
 6邪道というのは自分を固める道です宮城顗
 7自分の命を大事にすることは 隣にいる人さまの命も 大事にすることと同じです。早川一光         『ゆたかな老いと死』より
 8自分がえらいものと思うと世の中が暗くなる曽我量深
 9思いどおりになるものだというところに迷いがある安田理深
 10私を見ていて下さる人があり、私を照らして下さる人があるので私はくじけずに今日を歩く榎本栄一
 11うれしいときでも悲しいときでも自分の人生はそこにある広瀬杲
 12信心とは、聞き溜めることではなく、聞きぬくことである大河内了吾
20181自分の願いが叶い、都合が満たされれば満たされるほど、迷いが深くなる真城義麿
 2私たちが人生で求め続けるものは 自分自身への深い納得であり、うなずきにある平野修
 3他人を見るのは私の眼 私を観せるのは仏の眼 
 4やらねばならぬと思うならやめなさい。あなた自身がやらずにおれないと思うならやりなさい安田理深
 5我が子に「恥ずかしい」と感じたとき ほんとうの親が誕生している松本梶丸
 6浄土は言葉のいらぬ世界である 人間の世界は言葉の必要な世界である 地獄は言葉の通じぬ世界である曽我量深
 7私がなぜか不安なのは、頼むものが無いからではなく、頼むものをしっかりと握っているからだ和田稠
 8亡き人に迷うなと拝まれているこの私本多恵
 9不都合なことに出遇うことが 都合でしか生きていない私と 出遇うこと 
 10私の願いをかけることではなく 仏の願いをただひたすら聞いていく そこに仏法聴聞ということがある 
 11煩悩具足が他人事だと思っているあいだは 仏法を聞いていても他人事を聞いているだけだ 
 12たらいで生まれ おけの中まで 何もわからず生きている 時の流れが悲しい小椋佳
20191一切の存在を諸仏として見出してくる世界が、阿弥陀の世界だ宮城顗
 2結婚とは 「共に苦労していくことが私の幸せです」と言い得る 共なる生活のことである 
 3無明とは わかっていることにしている 暗さである 
 4他力とは私が自力でしか生きていないことを私に知らせる力のことである 
 5あの人が悪い、この人の責任だといいながら 私が悪い、私の責任だと言えない私 この私を仏は凡夫と言い当てられる 
 6どうにかして苦から逃れたい この心に苦しまされ、悩まされている この私の生活を 釈尊は一切皆苦と教える 
 7相手を鬼と見る人は 自分もまた鬼である曽我量深
 8人間の知恵は 恵みであるとともに 苦しみであり 悲しみであり 愚かさである高史明
 9難儀や厄介に会わないことが仏の教えではなくて 難儀や厄介から己をしらされる その眼を頂くことが仏の教えなのです 
 10報恩講とは 私が恩を返す仏事ではなく 恩ということを私に報せる 御仏事です